「土地活用」というとなんだか難しそう…と尻込みしてしまう人も多いと思いますが、もし余っている土地があるのであれば有効活用する方向で検討したほうが放置しておくよりも何倍も良いです。

しかし、土地に詳しくない人が急にできるようになるわけではないので、メリット・デメリットについて、専門家の意見を踏まえてよくよく考えた上で活用方法を決めるべきでしょう。

■アパート・マンション経営のメリット・デメリット
最もオーソドックスな方法と言われるアパート・マンション経営は「長期にわたる安定収入」が一番の魅力です。また、固定資産税が軽減されたりなどの節税効果もあるので、ただ土地を持っているよりも有効な活用方法であることは間違いありません。

しかし、安定収入は部屋が埋まっていればこそ。空室が多くなってしまったり、経営がうまくいかない場合はその後の転用が困難になりますので賃貸希望者が多い地域なのかなどの見極めは必須です。

■駐車場経営のメリット・デメリット
狭い土地でも利用できるという点が最も大きなメリットであり、初期投資があまりかからないので手軽に始めることができます。

また、万が一利用者が少ない場合もすぐに更地にして転用が可能です。デメリットは税の面での優遇は少なく、思い切って立体駐車場を作ってみたけれども利用者がいなかった場合は、更地にするのにまた高額な費用がかかる可能性があります。

パソコンで資料作成

■等価交換のメリット・デメリット
リスクを負うことがなくマンションなどの建物を建てることができ、提供した土地に見合う分は確保できるという「等価交換」はリスクが非常に少ない土地活用方法です。

また、相続の際にも土地のままだと分けることが難しいですが、建物に分割できるためトラブルが起きにくいというメリットもあります。

デメリットは多くの土地を結果的に失うことになり、収入を得るための土地活用としては有効ではないということです。

■土地売却のメリット・デメリット
一番はっきり目に見える形で現金化される土地売却は、土地という縛りから解放され自由な選択をしたい場合には非常に有効です。

しかし、一度売ってしまえばそれきりで長期的な収入を得るチャンスは失うことになります。さらに売却した収入は様々な税金が引かれてしまいますので、全てを自分のものにするのは難しいようです。