土地活用に関する疑問・不安を解決するための情報サイト

土地活用に関する疑問・不安をお持ちの地主様の助けとなるような土地活用に関する情報を発信できるようなサイトにしていきたいと思います。

どう活用するのがベストな方法?田舎の土地活用方法

      2017/06/20

田舎の土地は地価が安いとは言いつつも、相続した場合は固定資産税を払い続けなければなりません。更地にしてそのまま持っているだけでは税金を払い続けるだけで土地を持っているメリットはなにもありません。

しかし、田舎だと人口が少ないため、うまく活用しないとせっかく土地活用を考えても収益が出ないということも考えられます。

田舎でも安定した収入を得ることができる土地活用方法はどんなものがあるのでしょうか。

金色の一戸建ての模型と鍵を持つ左手

アパート・マンション経営

オーソドックスな土地活用方法で、空室が少なければ長期的に安定して収入を得ることができます。都会の場合はある程度の広さがある場合はこの方法が間違いないですが、田舎の場合は賃貸の需要がある地域なのかの下調べが必須です。

需要がない場合は安定的な収入を得るどころか、アパート・マンション維持の方に費用がかかり本末転倒になってしまう危険性もあります。

ペンション・貸し別荘経営

田舎ならではの活用方法としては、ペンションや貸し別荘を建てて貸すということもできます。ただし、田舎といっても近くにレジャー施設、テーマパーク、スキー場などの一定の利用者がいる施設があることが前提です。

ただ、自然が美しいと言うだけでは利用者はあまり多く期待できませんので、収入を得ることは難しいでしょう。また、有料で人を宿泊させる場合は旅館業の適用を受けるので、様々な検査を受けなければならないという面倒さはあります。

事業用地として貸す

最近では、サービス付き高齢者向け住宅の建設が進んでおり、そのような施設の多くは田舎に作られています。他にはコンビニ、駐車場などを経営している事業者に貸して事業用地として利用してもらうという方法も一つです。

ただ、駐車場の場合は初期投資が少なくて済みますので、業者を通さず自分で始めても良いかもしれません。

太陽光発電

日当たりの良い土地であれば、太陽光発電に利用するという方法があります。建物を建てるわけではないので初期投資も比較的安く始められます。

しかし安定的な収入を得られる反面、簡単にやめることはできないので長期的な事業計画が必要です。

 - 土地活用の疑問を解決!